ボトックスなら数分でエラを改善【顔のラインがほっそり】

持続時間をチェック

医者と看護師

定期的な施術がおすすめ

エラボトックスは筋肉の動きを弱める作用のある薬剤を、エラ部分にある咬筋という筋肉に注入し小顔にするというプチ整形です。顔を小さくする美容整形には骨を削るといった方法もありますが、このような大きな手術は全身麻酔をしてからの手術となります。身体には大きな負担がかかりますし、手術後も腫れや痛みといった症状が長く続くため、気軽に受けられる美容整形ではありません。一方、エラボトックスはというと注射で薬剤を注入するのみなので、局所麻酔で済みますし施術後の腫れや痛みもほとんど無いと言われています。かなり敷居が低い小顔整形ですがメスを使わないプチ整形の場合、どのくらいの持続効果があるのか気になるところです。一般的に美容整形はメスを使う方法は半永久的に、メスを使用しないプチ整形は時間の経過と共に効果が薄れるようです。エラボトックスの場合、術後約2週間程度すると小顔効果が出始めて約3ヶ月から半年程度のあいだ効果が続きます。ですので、エラボトックスで小顔をキープしたいという場合は、半年から1年というスパンで定期的に施術を受けるのが良いでしょう。また、適量の薬剤を定期的に注入し続けることによって、続期間が少しずつ長くなるとも言われており場合によっては、長期に渡り小顔をキープできるようです。初めてエラボトックスを受けるという人の中には、「薬剤を注入するときに、どのくらいの痛みがあるのか不安」と感じる人もいるのではないでしょうか。痛みの感じ方には個人差はあるものの、エラボトックスの場合は奥歯に向かって鈍い痛みを感じることがあるようです。全く痛みが出ないということはありませんが、数ある美容整形の中でも施術中の痛みレベルはかなり低いと言えます。もちろん、薬剤を注入する前には麻酔テープやクリーム局所麻酔を行うので、痛みの面で不安を感じる必要はないでしょう。ただ、痛みが苦手という人は麻酔をするといっても、痛みが気になってエラボトックスの施術に躊躇してしまいがちです。できるだけ痛みを抑えた施術を受けたいという場合は、アイシングのケアを行ってくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。薬剤を注入する前にアイシングで患部を冷やしておくと、冷やさなかったときと比べて注入時の痛みは減少すると言われています。アイシングのサポートはクリニックによってしていない所もあるので、カウンセリング時にアイシングを受けられるか相談すると良いでしょう。また、局所麻酔ではなく笑気麻酔といってリラックス作用のあるガスを吸いながら、施術を受けられるという麻酔方法もあります。エラボトックスへの恐怖心が強いという場合は痛みもなく、リラックスして施術を受けられる笑気麻酔も受けられるクリニックを選ぶと良いかもしれません。

Copyright© 2018 ボトックスなら数分でエラを改善【顔のラインがほっそり】 All Rights Reserved.