ボトックスなら数分でエラを改善【顔のラインがほっそり】

持続時間をチェック

医者と看護師

エラボトックスは3ヶ月から半年程度、小顔をキープできるプチ整形ですが定期的に施術を受けると長期間効果が持続します。痛みは美容整形の中でも軽いもので、麻酔をしてから薬剤を注入するので心配する必要はありません。

詳しく見る

実績で選ぼう

注射器

ボトックスを受けることでエラがなくなると言われています。エラがなくなれば小顔効果も期待できるはずです。また、この施術を受けるにはクリニック選びが大事です。ボトックスによるエラ除去施術を得意とするクリニックを探しましょう。

詳しく見る

四角い顔も改善出来る

鏡を見る女性

ボトックス注射はエラの悩みを改善出来る優れた施術です。筋肉が大きくなってしまったエラ張りの人に大変有効な施術であり、筋肉を小さくして憧れの小顔になることが可能です。エラの悩みはボトックス注射で改善しましょう。

詳しく見る

施術はすぐに済む

医者と看護師

ボトックスの整形は初回にカウンセリングを行います。それから施術日を決めます。エラを取りたいという人はボトックスで取ることも可能です。施術日当日は日帰り施術となっており、施術後は安静に過ごしましょう。患部が腫れることもあります。

詳しく見る

切らない整形で綺麗になる

医者

咬筋を細くすっきりさせる

ボトックスは施術自体は5?10分ほどで終わる簡単なものですが、治療を受ける前に医師からしっかりとしたカウンセリングを受ける必要があります。噛む際に使う咬筋が発達してエラが張っている方は、ボトックスを注入して効果を得ることができますが、単に骨格が太い方や脂肪が多いだけの方は効果を得ることはできませんので、医師から確認をしてもらうことが大切です。ボトックスは筋肉に注射をして、その働きを弱め細くするものだからです。エラに注入した場合、咬筋が衰えて徐々に顔のラインがほっそりとしてきます。また女性であれば、妊娠中の方や妊娠の可能性のある方、また授乳中の方は治療を受けられませんので気をつけましょう。ボトックスはボツリヌス菌という非常に毒性の強い菌なので、胎児や乳児に影響を与える恐れがあるからです。カウンセリングでは必ず確認されます。確認をしない医師は避けたほうが良いと言えるでしょう。ボトックス治療の後には、表情のこわばりや麻痺などの副作用が現れることがあることも知っておきましょう。副作用が現れた場合は、すぐに担当の医師に連絡してください。タンパク質アレルギーの方や筋肉注射でアレルギー反応を起こしたことがある方は、治療を受けることはできませんので注意しましょう。エラにボトックス治療を行うには、咬筋に3?5箇所ボトックスを注入します。医師がしっかりと咬筋の位置を確認して、筋肉量に合わせて注入量を決めます。治療後は3?4週間ほどで徐々にエラの張りが小さくなっていき、顔のラインがほっそりとしてきます。咬筋が細くなっても食事を摂るのに支障は出ませんので安心してください。美容整形のようにすぐにその場で変化するものではなく、徐々に細くなっていくので、周りからも気づかれることなく自然に小顔になれます。効果は3?4ヶ月持続します。2回目の注入は医師と相談して治療計画を進めていきます。1回の注入で満足される方もいらっしゃいますが、3回ほど繰り返すとより高い効果を得ることができます。治療を受けた当日は、傷跡があるわけでもないのですぐに日常生活に戻っても大丈夫ですが、血行の良くなる運動や入浴は避けます。治療箇所が腫れてしまう恐れがあるからです。また女性は最終治療後から2回の月経を経るまでは避妊をします。男性も同じく、治療中および最終治療後3ヶ月は避妊をしましょう。治療時間も15?10分ほどと短いうえ、切らない小顔整形としてエラのボトックス治療は大変人気があります。その特徴を知って、賢く綺麗な小顔になりましょう。

Copyright© 2018 ボトックスなら数分でエラを改善【顔のラインがほっそり】 All Rights Reserved.